《レポート》盛岡ライフスタイルツアー②「盛岡という星をたっぷり感じる」

《Tour report》

当日の様子を一部ご紹介します!
*「 」は参加者のみなさんからの声です

十三日内《ステーキ&グリルMARU3》
 
「落ち着いた雰囲気で、盛岡にもこんなオシャレなところがあるんだなぁと思いました。南部鉄器のお皿も新鮮でした。」
「店内の内装もとてもお洒落で素敵でした。ステーキも美味しく、ソースがたまねぎが効いていて良かったです。」

《鉈屋町》
 
「鉈屋町のようなまち並みがあるとは全く知らなかった。最近町歩きで地域の良さを再発見するようなイベントが活況なので、盛岡でもできるとはうれしい発見。」
「街の中に清き水が流れていてすてきだと思いました。」

  《紺屋町周辺:菊の司酒造~ござ九~岩手銀行赤レンガ館》
 

「酒蔵の見学という貴重な体験ができて楽しめた。」
「酒蔵が街なかにあるのは知らなかった。」
「菊の司さんでは、水が本当においしくて、人もとてもお酒と向き合っているからこそ、あのおいしい日本酒ができたのだと感じました。」

 
「雪とは無縁な所で育ったので、ござ九さんの昔から使われてきた雪アイテムやあたたかい温もりある商品にホッと癒されました。」
「実家でおばあちゃんが使っている道具がござ九に沢山あって懐かしい気持ちになりました。」

「ござ九も菊の司酒造も思っていた以上に若い方々が働いていらして予想外でした。」
「歴史を感じる建物の中で今も商い・酒造りをされていて、このままずっと続いてほしいと思いました。」


「レトロな赤レンガ館は、大きすぎないあの空間の心地がとても良かったです。」
「赤レンガが白く塗られていたとは驚いた。Seeing is Believing.」

《肴町周辺:engawa・南部鉄瓶/暮らし方セミナー》
 
「南部鉄瓶は気になっていたので、作られ始めてからの歴史や実際の手触り、あとどう手入れするかも知れて良かった!いつか買いたいです。お水はまろやかになって驚きました!」
「南部鉄器に興味があったので職人さんから直接お話が聞けて良かったです。取り扱い方法など聞けたので、今後使ってみようという気持ちになりました。」


「盛岡でがんばっている人たちのリアルな活動も知れて、移住とかはまだピンとこないけれど、何かできたらいいなと個人的に思いました。」
「お金関係についてもう少し聞いてみたくなった。また、いきなり移住ではなく、知り合いを増やすなどの段階をふむ、というのには賛成でした。」
「“人それぞれ”というワードにすごく共感して、岩手に戻ってきて盛岡に住みたい気持ちはありますが、急がなくてもいいのかな…と思いました。色んな盛岡を知って、やりたいことを見つけて、盛岡に戻って来たいと思いました。」

《菜園マイクロブルワリーにて交流会》

「盛岡で活動する人たちとゆっくり話できたり、ローカルなあるあるが聞けてとても刺激になりました。」
「地域の方とお話できて良かったです。皆さん、気さくで話しやすく、改めて盛岡の地域柄と人柄の良さに触れられて良かったです。ベアレンももちろん美味しく頂けました。」

《神子田朝市》*オプション

 


「市民の暮らしに根付く朝市を見ることで少し新鮮に盛岡を見ることができたうように思う。」
「ひっつみ美味しかったです。子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで朝早いのに集まっていてびっくりしました。あの辺の大きな通りはよく通っていたのですが、朝市は全く知らなかったので、貴重な体験でした。」

朝市~北上川沿い~ホテル出発~八幡町通り

 

《岩山展望台》

「景色がよく盛岡の解説も聞けて地理的な理解が深まった。街が広々と見渡せて、とても気持ちよかったです!」
「盛岡市内だけでなく、周りの山々が一望できる、とても景色がいいところでした。」

《りんご工房きただ 蔵の宿 FROG BEE》


「りんごのおいしさはもちろん、蔵をリノベーションするアイディアにびっくりしました。なかなか古き良きものを守っていくのが難しい中、アイディアひとつでこんなにすてきな空間になるのだと感動しました。ぜひ泊まってみたいです。りんごの収穫とかもしてみたいです。」
「りんごも美味しかったですし、蔵の宿泊施設自体も面白く楽しかったです。味の見分け方も勉強になりましたし、北田さんの人柄も良く、泊まってみたいと思える所でした。」

郊外の病院等もご紹介

《盛岡市先人記念館・岩手県立美術館》*お好きな方を見学
 
「限られた時間なのでもっとじっくり見たくなりました。まだまだ知らない人だらけなので、色々知りたいです。」

   
「岩手県立美術館の建物が開放的でとても気持ち良かったです。岩手出身の人たちの盛岡をテーマにした作品や他の作品もとてもよかったです。」

太田橋より岩手山の全景

「郊外の所は、除雪車が見慣れないので新鮮でした。広々とまったりしたまち並みも楽しめました。」

《東家:わんこそば》

  
「いい経験になった。フードファイトではなく、おもてなしだということを大切にしていきたい。」
「大満足ですが、同時に食べ過ぎて後悔もありました。」

《盛岡駅・開運橋周辺/クロステラス盛岡》

「開運橋からの山と川の景色がとてもきれいで、この豊かなまったりした環境が盛岡の魅力になっているのを改めて実感しました。」
「川の色があまりにも綺麗で見とれました。向こうに岩手山がそびえ立っていて、この景色を見たら悩んでいる自分なんかどこかにいっちゃいそうだなと思いました。」

 
「街並みがきれいだった。」
「クロステラスは物産が充実していて何回来ても楽しいです。県外の方々にも岩手の特産品を知ってもらうのに良い場所だと思います。」

クロステラス内もりおかタニタ食堂にてまとめタイム
  

【その他いただいた声】
・思った以上に都会的で、東京とあまり生活面は変わらないのではと感じた。
・東京にいると盛岡の新しいものが少ない感じを微妙に思ってしまうことがありましたが、盛岡は昔からのものを大事にしているところなんだなーと考えが変わりました。まだまだ魅力があると思うので、色々見たいと思います。
・まず、景色がいい。人がいい。山がいい。たった二日間しか味わっていないし、きっと実際に住んでみたら嫌な部分も見えてくるのかもしれないですが、それでも、きっとこのまちに住んだら毎日元気でいられるのかなと思いました。
・東京から見れば新幹線ですぐ行けて、都会で、それでいてすぐ近くに自然があるので住みやすい地方という印象を持った。
・広く浅く色々なエリアを回ったことで、それぞれをより深く知りたいと感じました。


*盛岡のいろいろを“感じる”ツアー*

あなたのライフスタイルを考える中で、「盛岡での暮らし」を選択肢にいれてみるのはいかがでしょうか?
仕事して、食べて、買い物して。
観光地ではない盛岡で日々暮らしている人たちが大勢います。
そんな盛岡の一面を体験しにきませんか。
1泊して、盛岡をゆっくりたっぷり感じる、盛岡ライフスタイルツアー。

感じるいろいろ…
場・水文化・心意気・デザイン・南部鉄瓶・リアルライフ・賑わい・朝・峰・もてなし・生活圏・琴線・食わさる・盛岡スタンダード・空間


募集要項 (残席僅か)

《旅行日》 3/9(土)より1泊2日(ご希望のかたは3/8出発も可)

《募集人員》10名様(最少催行人員4名様)
*募集対象:現在岩手県外にお住まいの方で、盛岡での暮らしを考えている方
*お子様のご参加も可能です

《旅行代金》18,000円(東京他発着)
(旅行代金に含まれるもの:東京-盛岡間往復新幹線、行程内のバス代、食事代:朝1・昼2・夕1、宿泊代)
*お子様の旅行代金はお問い合わせください。
*仙台発着の場合は3,000円引きとなります。
*ご希望の列車が満席の場合は自由席となることがあります

《添乗員》 盛岡より同行

《宿 泊》 ホテルニューカリーナまたは同等クラス(ツインまたはシングル)

《その他》
・オプション:ホテル前泊・後泊追加の場合追加料8,000円(シングル朝食付き)
・ツアー終了後はアンケートにおこたえいただきます。

《申込受付について》
専用メールフォーム・お電話 

◎webからのお申込み:当専用ページ下部にお申込み専用メールフォームよりお願いいたします。

◎お電話での受付:お名前・お電話番号・ご住所・生年月日・メールアドレスをお聞きしますので、あらかじめご準備ください。

◎代理の方のお申込みの場合は、当日中に対象者ご本人からのご連絡をお願いしております。
*受付予定人員に達し次第、受付を終了します。(2/13現在、お取消発生のため再募集中)
*こちらのツアーは、受付後に所定のアンケートにご回答いただいた上で、お申込み確定のお知らせをいたします。
 何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。


チラシはこちらから

 


《行程》

3/8(金)~9(土)

東京発(3/8~9の希望する日時にご出発)

(3/8ご出発の場合、別途追加で宿泊手配が必要となります)
―――東北新幹線――― 
盛岡駅着

3/9(土)

10:45 盛岡駅西口集合~出発

===〈貸切バス〉===

昼食:十三日/ステーキ&グリルMARU3

鉈屋町・・・大慈清水など

 

・・・歩いて巡る・・・

○街なかさんぽ(紺屋町周辺)
ござ九

○菊の司酒造 酒蔵見学

○岩手銀行赤レンガ館 見学

○街なかさんぽ(肴町周辺)

○盛岡という星の暮らし方(市内にて)

盛岡ライフの疑問におこたえします

○盛岡という星で乾杯(菜園マイクロブルワリー)

盛岡の今を知る盛岡人達も参加します

盛岡市内宿泊

 

3/10(日)

○神子田朝市(ご希望によりご案内:実費負担)

朝食後ホテル発

===〈貸切バス〉===

○岩山展望台

○りんご工房きただ蔵の宿FROG BEE

○西南地区・郊外住宅地・ショッピングセンター(車窓)

○盛岡市先人記念館or岩手県立美術館(常設展)見学

・・・歩いて巡る・・・

昼食:盛岡名物わんこそば(ご希望により別メニュー可)

○盛岡駅・開運橋周辺散策

○クロステラス盛岡(フリータイム)

盛岡駅発(希望する時間に出発)

―――  東北新幹線 ―――
東京駅着

《参考》3/10 はやぶさ30号 盛岡駅発16:50 東京駅着19:04

*交通状況や天候等により行程の一部が変更となる場合がございます。
*全行程終了をアンケートの回答を以て終了となります。
*一日目または二日目のみの参加はできません。


【事業企画】
盛岡市都市戦略室

【旅行企画実施】
リアス観光株式会社
(一社)全国旅行業協会正会員 
岩手県知事登録旅行業2-98号
総合旅行業務取扱管理者 大久保誠
岩手県岩手郡雫石町高前田52-2

【受託販売・お申込み・お問合せ】 
トラベル・リンク株式会社 
(一社)全国旅行業協会正会員 
岩手県知事登録旅行業第3-227号
岩手県盛岡市開運橋通2-23メイプル中央ビル開運橋3F
019−658−8644 


チラシはこちらから

 

記事を共有するTweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email
Share on LinkedIn
Linkedin
Share on Facebook
Facebook