≪レポート≫つながる三陸 10years 陸前高田 『牡蠣・ワイン・発酵 潮風海風バスツアー』

暖かな春の陽気を感じられた4月24日。
震災から10年を迎えた陸前高田を訪れるツアーを開催しました。
今回は当日の様子ご紹介します。


 
朝、8:00の盛岡駅西口。
雫石町からご乗車のお客様と合流し、一路陸前高田に向けて出発しました。
検温と手指の消毒を行い、貸切バスは定員の50%以下でご利用いただく、新しい生活様式でのバスツアーです。

 
途中、産直「ともちゃん」で休憩を挟み、陸前高田に到着!
まずは広田湾からスタートです。
こちらでは牡蠣養殖のマルテン水産 佐々木眞さんがお出迎え。
ライフジャケットを着たのち、早速養殖棚のあるポイントまで出ます。

 
広田湾は、この日は風も少なく、とても穏やかな天候でした。
スムーズに養殖棚まで辿り着き、早速牡蠣を引き揚げます。
引き揚げのタイミングでは、参加者の皆様さんも一斉にカメラを向けました!!
すると・・・


ジャジャーン!! 大きくて見事なたくさんの牡蠣が目の前に!

この大きさこそ広田湾の牡蠣の魅力。
こちらは、3年育成したもので、育成の間にはムール貝などの他の貝を駆除するなど、地道な作業や手入れが繰り返されるのだそうです。

開いた牡蠣にはぷりぷりした身もぎっしり!!。iPhone12 miniよりも大きいですね~!
 

続いては、陸に戻って流通のお話もお聴きしました。
全国的な知名度はまだまだこれからという、広田産の牡蠣。
私たちも消費者も、美味しさを味わってどんどんPRしていきたいですね!
 

そして、待望の実食タイム♪
参加者みんなで実際に貝を開けてみます。
なかなか難しいという方もいれば、簡単に開けてしまうプロ顔負けの方も!
さらに、こちらの牡蠣は神田葡萄園さんのワインとペアリングで。
神田葡萄園の熊谷晃弘さんにも現地にかけつけていただき、説明を受けながらの試飲です。
これがすっきり美味しい!
 

 

そして、蒸し牡蠣もできあがりご覧の通り!
ほかほかの貝殻を開く瞬間もたまりません!
ばーんっと開いて驚きの量、なんとこれがもう一つ!
参加者の皆様も
「こんなに新鮮な牡蠣を食べられるなんて」「大きくて食べきれないよ」
と、大満足のご様子でした。

お昼ご飯も済ませ、次のスポット神田葡萄園さんへ。
ぶどう畑の前で、熊谷さんのぶどう作りのお話をお聞きしました。
明治38年にぶどう栽培をはじめた神田葡萄園。
実は、果樹園も東日本大震災の際には津波の被害を受け、
ぶどうの樹も浸水したとのことですが、ぶどうは塩害に強く、
その年の秋にも実をつけていたそうです。
 

先ほどは牡蠣に合わせたペアリングでしたが、
こちらでは更に様々な品種を使ったワインや、ジュースをぶどう畑の前でいただきました。

品種ごとによって味わいに違いがあり、目にも美しく、どれも美味しい!
また、今年は暖かく、早くも葡萄の芽が出ているそう。これが美味しいジュースやワインになるんですね!
 

ショップでのお買い物もお楽しみいただきました。
当ツアーは「いわて旅応援プロジェクト」の対象商品として、参加者の皆様には2000円分の「いわて応援クーポン」が配布されました。
日帰りツアー内のお買い物にご利用いただけるクーポンで旅の楽しみが増えますね。
 

次は、昨年オープンしたばかりの発酵パークCAMOCYへ。
発酵パークCAMOCY 取締役・八木澤商店 代表取締役の河野通洋さんからお話をお聴きしました。
気仙地区に根付く発酵文化が見て食べて体験できるこちらの施設。
陸前高田に楽しみがまた一つ増えました。
 


こちらでも休憩・お買い物の時間。
話題のクラフトチョコレートショップ「CACAO broma」でお好みのチョコレートを買い求めたり、
お菓子や、お土産のほか、沿岸発のクラフトビール「陸前高田マイクロブルワリー」でビールを
注文されるお客様もいらっしゃいました!
食事場所もあり、陸前高田に訪れる際には、ぜひ立ち寄りたいスポットですね。

最後は、東日本大震災津波伝承館「いわてTSUNAMIメモリアル」へ。
 
解説員の方のガイドを受けながら、館内をめぐります。
震災の悲惨さを改めて見つめ、今に生きる私たちは非常時にどういう行動をとる必要があるのか。
日本、岩手で暮らす者として、決して忘れてはならないことだと改めて強く思いました。

 
すっかり高い防潮堤の、「海を望む場」にて、マスクを外しての記念撮影。
最後は奇跡の一本松に立ち寄り、ツアーは終了となりました。

東日本大震災から10年が経過した今の陸前高田を訪れ、当時のことを忘れてはならないと思うと同時に、今の陸前高田は決して悲しみの場だけではなく、訪れて楽しめる場所、未来への希望を描いていく新しい場もたくさんあることが感じられました。
今後も、陸前高田へ足を運ぶツアーを企画して参りますので、ぜひ皆様もご参加下さい。

ツアーにご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

≪お客様の声≫
「広田湾のカキが大きくて、おいしく、沢山食べることができたので、大満足でした。」
「生産者のお話を聞けることは勉強になる。」
「いわて旅応援プロジェクトはやはりお得感が大きいですね。」
「神田葡萄園の試飲も良かったです。ジュースも品数が多く、とても楽しめました!!グラスでの試飲も◎」
「できたてのCAMOCYも良かった。一本松も見れて感動。」
「津波伝承館が思っていたよりも良かった。またゆっくり見学に来たいです。」

~おまけ~


お昼は「カフェフードバーわいわい」さんの陸前高田四季折弁当。
陸前高田の食材がふんだんに使われたお弁当、とても美味しかったです。

  
神田葡萄園の敷地内で四葉のクローバーを発見!
おかげさまで素敵なツアーになりました♪


【実施要項】こちらのツアーは、「いわて旅応援プロジェクト」の 対象商品です!

◎出発日:2021年4月24日(土)

◎募集人員:20名様
(最少催行人員15名様)

◎お支払い実額:盛岡発着/大人おひとり様8,000円
当日お買い物に使える嬉しい「いわて応援クーポン」2000円分付き!
(※旅行代金 13,000円 旅行代金への割引額 各5000円)
*行程表記載の貸切バス料、昼食代、見学料含
※このツアーは貸切バス定員座席数50%以下で実施します

◎食事:昼1 
(マルテン水産での牡蠣振る舞い/陸前高田のお弁当/神田葡萄園ワインまたはジュースつき)
◎添乗員:同行します


募集チラシはこちらから

  


【協力】
F&Rコンサルタント・オフィス
マルテン水産 / 神田葡萄園 /八木澤商店

【旅行企画実施】
リアス観光株式会社
(一社)全国旅行業協会正会員
岩手県知事登録旅行業第2−187号
岩手県盛岡市本宮2丁目36-3-101号 

  【受託販売・お申込み・お問合せ】
トラベル・リンク株式会社 
(一社)全国旅行業協会正会員
岩手県知事登録旅行業第3−227号
岩手県盛岡市開運橋通2-23メイプル中央ビル開運橋3F

019−658−8644 

 

記事を共有するTweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email
Share on LinkedIn
Linkedin
Share on Facebook
Facebook