≪レポート≫Food&Agri ジョイントツアー『山菜ハイク&高校生レストラン』

春の食卓に賑わいを与えてくれる山菜。
今回はそんな山菜を、実際に収穫し、学び、味わうという、まさに山菜づくしだった
『山菜ハイク&高校生レストラン』
のツアーレポートをご紹介します。


朝、8時の盛岡駅前。
集合時間よりも早く集まってくださった今回の参加者の皆さんがいました。
当日は、いつ雨が降ってもおかしくないという予報。
なんとかこのままで、と祈りつつ、バスは出発しました。

===


会場の「安倶里まほら岩手」さんは、盛岡市薮川にあります。
駅から車で1時間弱で、大自然。電波が入らないスポットもあるんです。

 
バスを降りると、なんと晴れ間が!!
さっそく、集合写真をパシャリ。
皆さんの晴れ男・晴れ女パワーに感謝です……!

 
バーベキューハウスにて、山菜ガイドの竹嶋さんから本日の山菜ハイクの説明を受けます。
今日は山菜ハイクをもっと楽しんでいただくため、特別に「まほらビンゴ」という企画を用意してくださっていました。
ビンゴが完成すると景品もあるとのことで、このあとのハイキングに力が入ります。

 
いよいよ出発です。
道を歩いてすぐ、早速山菜を発見しました。
「こちらの山菜、ご存じですか?」と竹嶋さんが聞くと、
参加者の皆さんから「ウド」との声が。さすが皆さん、お詳しいです。

 

 

山を歩き、ガイドを聞きながら、皆さん夢中に山菜を採ります。
フキ、ワラビ、行者にんにく…
始まったばかりで、皆さん既に袋がいっぱいに。


紫色のかわいらしい山野草が見られました。
クリンソウ(九輪草)です。

はじめは一輪だけ、沢のほとりに咲いていたものを参加者の方が見つけ、嬉しそうに声を上げていました。
その先に群生しているスポットがあり、写真はそちらの様子です。

 
寄り道で道端の山菜を採りながら、ぐいぐいと山を登っていきます。
なかなかの高低差がありましたが、参加者の皆さんは何のそのでした。


山頂付近にあったのが、山菜の女王といわれるコシアブラ。
足がはやく、なかなか市場に出回らないために希少性の高いこちらの山菜もしっかりゲットできました。


枝が柔らかくしなるので、このように引っ張り倒して、若芽や若葉を摘みます。

 
帰りには大きな水芭蕉や、ニリンソウが。
午前中はまほら岩手をたっぷり歩いて終了です。

そしてお昼は、お待ちかねの高校生レストラン!
盛岡スコーレ高校の調理科の生徒さんによる、山菜を使った3つのメニューです。

◎使用した山菜、感想と一緒に、メニューの紹介です。

*****


≪山菜天丼≫
・コシアブラ
・タラの芽
・ウド
一番人気だったのが、こちらの天丼。
山菜料理の王道ともいえる天ぷらは、山菜の香り、風味を存分に感じられました。
ほろ苦さも、またご飯をすすめてくれます!

*****


≪山菜ピザ≫
・行者にんにく
・ウルイ
・ワラビ
石窯で焼いたピザ生地の上に、山菜がふんだんに乗っていて、彩りも豊か。
初めてのチーズとの組み合わせでしたが、相性がよくて美味しかったです!

*****


≪山菜クリームパスタ≫
・行者にんにく
・姫竹
たっぷり濃厚なクリームも、あっさりぺろりと食べられます。
姫竹がアクセントを加えてくれました!

*****

厨房では高校生の皆さんがプロ顔負けの真剣な様子で調理していました。
 


代表して、盛岡スコーレ高校3年生の阿部さんがメニューの紹介をしてくれました。
プロの料理人を目指している阿部さんも、今はまだ高校生。
一生懸命に伝えてくれました。

 
「まほら岩手レストハウスこもれび館」にて。受付も高校生が担当。
ツアーメニューのほかに、山菜ビビンバや、ジュースもありました。
高校生レストランは今年度はあと3回(6月12日、7月17日、8月21日)
8月まで毎月オープンしていますので、どうぞお越しください!

昼食後にはビンゴの景品の授与です。
今回ビンゴ達成者は2名でした。
 
まほら岩手さんから乾燥シイタケと、美食王国もりおかのコースターをプレゼント。
おめでとうございます!

午後は、盛岡スコーレ高校 長岡智典先生による「山菜スクール」
今日採ってきた山菜の保存処理や、おいしい調理方法を実演を交えて教えていただきます。

重曹、灰を“使用しない”わらびのアクの取り方。
美味しい山菜天ぷらの揚げ方。
調理方法や相性のいい食材など。
参加者の皆さんからの質問にもお答えしながら、ご紹介いただきます。

 

 

「畑の収穫体験」では、原木しいたけを!
前日の雨により、一気に大きくなったしいたけ達をもぎ取ります。
 


これを、なんと一人10個までお持ち帰り可能という大盤振る舞い!


バスに戻って、本日たくさんお世話になった竹嶋さんからのアナウンスと、しどけのプレゼント!

まほら岩手さんでは、「高校生レストラン」のほか、たくさんの楽しいイベントや、自然を活用したプログラムがあります。
春にはアスパラガス、夏にはとうもろこしや枝豆といった野菜も育てているとのこと。
そちらの収穫体験や通信販売もあるそうで、まほら岩手さんのHPFacebookを覗いてみましょう。

 
まほら岩手を後に、バスに乗っていると雨がぽつぽつと。なんとか滑り込んでくれました…!
帰りには、「いわて応援クーポン」を手に、「賢治の土 恵一握」でお買い物。
こちらにも山菜、うるいが置いてありました。

===

山菜ハイク&高校生レストランは終了となりましたが、長岡先生からの教えでは

「山菜の下処理はその日のうちに」

ということで、きっと皆さん帰ってからも山菜と向き合っていたのではないでしょうか?
そして、もちろんそのあとは食卓へ・・・。

奇跡の晴天に恵まれた、旬の山菜にどっぷり漬かる今回のツアー。
参加いただいた皆様、ありがとうございました!

≪お客様の声≫
「ガイドさんがとても分かりやすく説明してくださり、山菜がとても身近に感じました。」
「山菜の知識も教えていただき、たくさんのお土産もあり、とてもお得で良かったです。」
「一生懸命さが味に表れていました。」
「子ども達のいきいきとした姿勢が良かったです。」
「割引をきっかけに素敵な施設を知ったり、地元の良さを発見できました。」


【実施要項】いわて旅応援プロジェクト 対象商品

◎出発日:令和3年5月22日(土)

◎募集人員: 20名様
(最少催行人員 10名様)

◎お支払い実額:盛岡発着/大人おひとり様 4000円
当日使える「いわて応援
クーポン」2000円分付き
(※旅行代金7000円 旅行代金への割引額 3
000円)
*行程表記載の貸切バス料、昼食代、見学料含

◎食事:昼1 
◎添乗員:同行します


募集チラシはこちらから

 


【協力】
盛岡スコーレ高等学校 安倶里まほら岩手

【後援】
盛岡市 盛岡市グリーン・ツーリズム推進協議会

【旅行企画・実施・お申込み・お問合せ】 
トラベル・リンク株式会社 
(一社)全国旅行業協会正会員 
岩手県知事登録旅行業第3-227号
岩手県盛岡市大通3丁目2-2 第6大通ビル4F
019−658−8644

記事を共有するTweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email
Share on LinkedIn
Linkedin
Share on Facebook
Facebook