≪レポート≫つながる三陸 10years 大船渡 『三陸 翡翠あわび見学体験と恋し浜帆立マリアージュ』日帰りバスツアー

三陸沿岸は世界三大漁場として知られてますが、大船渡と言えば?さんま・ウニ・牡蠣・わかめなど、たくさんの美味しい海の幸がありますよね。
今回は、あわび・ホタテ・そして、潮風の下で育ち海中で熟成したワインを味わう企画が実現!大船渡を訪れてこれらの海の恵みを堪能、さらに震災を乗り越え新たな挑戦を続ける生産者の方々からお話を伺うというツアーです。


日差しがまぶしく初夏を思わせる天気の5月下旬、バスで雫石を出発!盛岡駅を経由して行きます。


朝9時すぎ、産直ともちゃんでひと休み。
ともちゃんと言えばパン!普段なら午前中で売り切れてしまうという人気商品「麦さつま」など、焼きたてのパンが。「今買わないと売り切れちゃう♪」と、本日のお買い物タイムが早速スタート 。 
さらに道の駅さんりくで休憩をとりながら、大船渡市三陸町綾里地区へ向かいます。

 
元正榮北日本水産へ到着です。

まずは古川さんからあわびをに関するご説明。
岩手はあわびの出荷量日本一!養殖であわびを育てると、ストレスが少ない環境で育つため身は柔らかくなるとの事。現在こちらでは年間40万個を安定的に出荷しているそうです。さらに震災から復活するに至るまでの経緯などを教えていただきました。

続いて、あわびの酒蒸し。このあわびは「翡翠あわび」と呼ばれているそうですが、貝がらを見てみると本当にきれいなエメラルドグリーン色です。


目の前で新鮮なあわびを鍋に投入!上から料理酒をかけると、鍋の中であわびが動き出します!


酒蒸しをしている間に、小さなあわびの貝などを使った、オリジナルのハーバリウム作り体験。カラフルで様々な素材のパーツを選びます。


パーツを選んだあとは、瓶の中に各自選んだ貝やお花、砂やオイルを入れていきます。「これでいいのかな・・・?」「わっ、きれい!」など、各テーブルごとに楽しそうな声が聞こえてきます。完成後は、さっそくパチリ📸今日の力作を記念撮影する方も。


ここで、お待ちかね!酒蒸しあわびが登場!このあわびは3年間大切に育ててきたものだそうです。
ひと口食べてみると、身はふっくら!あまりの美味しさに「こんなに柔らかいあわびは初めて!」「食べやすい!」など驚きの声が、あがっていました。


あわびの試食後は、いよいよ古川さんによる養殖場のご案内。水槽の水は海水を常に海底の深いところから地下を通して汲み上げ、新鮮で砂が混ざらないそうです。

「あっ!あそこ」「動いている!」水槽の中を覗き込みます。
「あわびって夜行性なので、午前中はあまり水面に出てこないんですよね」と話してくれる古川さん。水槽の中にあるシートを持ち上げると・・・

実はこれ、なんと養殖中のあわび!ちなみにこのあわびはまだ養殖一年目の小さなあわびだそうです。
    
別の水槽にある、養殖に二年目・三年目のあわびもご案内。古川さんのお話からは、あわびを三年かけて大切に育てている気持ちが伝わり、皆さまも熱心に聞いている姿が印象的でした。


最後は養殖場の前で記念撮影。元正榮北日本水産の皆様、ありがとうございました。

続いては小石浜へ。こちらではホタテ漁師の佐々木潤さんと奥様のイザベルさんがお出迎え。
フランス出身のイザベルさんは、大船渡での震災ボランティア活動をきっかけに移住をしてきた方。現在は佐々木さんと共に、大船渡の魅力を発信する活動をされています。
それでは、まずは佐々木さんの漁船に乗って恋し浜ピクニッククルーズの出発です!

出発して数分後、佐々木さんは一旦休止。海からロープを引っ張りあげると・・・


ロープに連なったホタテが次々と出てきます!これは「耳吊り」というホタテの養殖方法だそうです。ホタテは海の中で主にプランクトンを食べて成長しているとのこと。

続いては、養殖2年目のホタテを見学。大きさは先ほど見た養殖1年目の倍以上。

目の前に広がる光景を前に、「この海は、山からの栄養、腐葉土などが流れ込で海に入ってくる。さらに沖からの栄養の供給もある。養殖をするには適している場所なんです 」と佐々木さん。

 
波の上に上手く乗ってさらに船は加速。ときどき水しぶきを浴びながら(!?)クルーズを満喫していきます💦
心地よい海の空気を受けマイナスイオンを感じているうちに、クルーズは終了。続いてはお待ちかねのランチタイム♪

地元大船渡の潮風ワイナリー「THREE PEAKS Winery」で作られたREGALO2019「メルロ 赤」で乾杯。
海中貯蔵したものとスタンダードなものと飲み比べます。


【浜焼きバーベキューランチのメニューのご紹介♪】焼きウニのおにぎり、ホヤ、ホタテのキッシュ

海鮮焼きそばと恋し浜ホタテの浜焼きBBQ目の前に広がる海と山を眺めながら、地元・越喜来の海の幸を堪能中。「ホタテがプリップリ!」


美味しいひとときはあっという間に終了!名残惜しいですが、ここで佐々木さん・イザベルさんとはお別れし、ワイナリーに向います。

キャッセン大船渡エリアにある「THREE PEAKS Winery」へ到着。


大船渡出身で震災をきっかけにUターンをした店主の及川さん。店内奥に見える作業場と、そこで作ったワインのご紹介です。ランチタイムではぶどうのワインをいただきましたが、米崎りんご100%で造ったワイン アップルッシードルやリンゴジュースを試飲します。
  
及川さんが手掛けたラインナップは食事にあい、パッケージも可愛いものばかり!今日のお土産にと買い求める方も多数いらっしゃいました。

旅の締めくくりは、かもめテラスへ。


季節ごとに味が変わるかもめソフトや、ここでしか購入できない商品も。店内は落ち着いた雰囲気で、皆さんは夕方の景色を眺めながらゆったりとしたひと時を満喫されていました。

******************

震災から10年が経過した大船渡は、復興が進み街並みも新しく生まれ変わっていました。また生産者の方々も自然と向き合いとても前向きに商品を作られいる姿が印象的で、思わず応援したくなるような素敵な方々ばかりでした。
そんな三陸の方々を内陸に住む私たちが何か継続的に応援できる事はないのかな?と考えたとき、最も簡単で楽しい方法は・・・美味しい三陸の恵みを食べること!
これからの夏の季節はホヤ・ウニ・牡蠣、秋にはさんま・鮭、それにワインなど美味しい物が盛り沢山!皆さまも是非、これらの恵みをいただいてみてはいかがでしょうか?

≪お客様の声≫

・こんな立派なあわびは初めて食べました 
・今まで、あわびって固いと思い込んでいた。養殖だとこんなに柔らかいんだ!
・普段は見学できないあわびの養殖現場に行けて良かった
・生産者の人達が一生懸命に育てているのが分かった


~大船渡 三陸翡翠あわびや恋し浜の帆立、越喜来湾クルーズと海中熟成ワインを体験~

震災から10年が経過した大船渡へ出かけませんか?
2013年からワイン作りをはじめたスリーピークス、
恋し浜の浜焼きバーベキューやハーバリウムづくりなど
美味しさと楽しさもたっぷり体験。

「鮑」と「帆立」を一度に味わえる大船渡ならではの企画。

◎三陸翡翠あわびとは?~国内最大級の養殖施設を解説付きでご案内
◎恋し浜ピクニッククルーズ!~フランスから大船渡へ移住したイザベルさんがガイド役

雫石・盛岡から貸切バスでゆったり日帰りの旅を楽しみましょう。
(新型コロナウィルス感染症拡大防止策を講じ、定員の50%以下で運行いたします)

 main01.jpg

★おもな訪問先・ツアースペシャルコンテンツ
◎元正榮 北日本水産 翡翠あわび試食・ハーバリウム作り
◎恋し浜ピクニッククルーズ 
◎浜焼きバーベキュー(帆立など)
◎スリーピークス 海中熟成ワイン


こちらのツアーは終了しました

【募集要項】こちらのツアーは、「いわて旅応援プロジェクト」の 対象商品です!

◎出発日:2021年5月29日(土)

◎募集人員:20名様
(最少催行人員15名様)

◎お支払い実額:盛岡発着/大人おひとり様12,000円
当日お買い物に使える嬉しい「いわて応援クーポン」2000円分付き!
(※旅行代金 17,000円 旅行代金への割引額 各5000円)
*行程表記載の貸切バス料、昼食代、見学料含
※このツアーは貸切バス定員座席数50%以下で実施します

◎食事:昼1 
(帆立などの浜焼きバーベキューランチ/スリーピークス 海中熟成ワインで乾杯/翡翠あわびの試食/帆立の試食つき)
◎添乗員:同行します


募集チラシはこちらから

 


《行程》

7:30リアス観光雫石営業所 発
8:00盛岡駅西口 発==〈貸切バス〉==

== 盛岡南IC ==(東北道・釜石道)== 宮守IC 

休憩(産直ともちゃん予定)

==大船渡へ ==甫嶺地区へ==

【元正榮 北日本水産/国内最大級 あわび養殖場を見学】
解説付きで『三陸翡翠あわび』美味しさのヒミツをディープに見学します

 

養殖場見学のあとは、実際の鮑の貝を使って【ハーバリウムづくり体験】
だれでも簡単作れる、自分だけの海の世界!旅の記念になりますね。

 

手作り体験のあとはもちろん 【三陸翡翠あわび試食タイム!】
お楽しみに♪

==恋し浜へ ==【恋し浜マリアージュピクニッククルーズへ出発】==
越喜来湾をクルージング

ご昼食は【浜焼きバーベキュー】&【海中熟成ワインの乾杯】とあわせて
恋し浜の帆立を味わいましょう♪
 

【スリーピークス】
2013年からワインや米崎りんごのシードルなどをスタート!
代表の及川さんからワイン作りや海中熟成ワインについて詳しくお話をお聞きします

 
【キャッセン大船渡/かもめテラス】
(お買い物タイム) 
かもめソフトもおすすめです
 

      

== 宮守IC ==(東北道・釜石道)== 盛岡南IC

== 盛岡駅西口着18:00頃==雫石着18:30頃

*天候等により、一部行程が変更となる場合がございます   

~参考~ いわて旅応援プロジェクトHP 
GoToトラベル停止期間中、新型コロナウイルス感染状況がステージ2の都道府県において実施する岩手県在住の方を対象とした割引事業です
岩手県内発着の日帰りまたは宿泊の旅行に対し、旅行代金に応じた割引が適用となるほか、
お一人様あたり2,000円の いわて応援クーポンがつきます。(当日以降期間内にご利用ください)

 

【企画協力】
F&Rコンサルタント・オフィス
元正栄 北日本水産

【旅行企画・実施】リアス観光株式会社
岩手県知事登録旅行業2-98号 (一社)全国旅行業協会正会員
総合旅行業務取扱管理者 大久保誠
岩手県岩手郡雫石町高前田52-2
019-601-7735

【受託販売】トラベル・リンク株式会社
岩手県知事登録旅行業第3−227号 (一社)全国旅行業協会正会員 
総合旅行業務取扱管理者 北田公子
岩手県盛岡市開運橋通2-23メイプル中央ビル開運橋3F
TEL:019-658-8644(平日10:00~17:30)

 

記事を共有するTweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email
Share on LinkedIn
Linkedin
Share on Facebook
Facebook