《レポート》美食王国もりおか 産地をめぐる おでかけフルーツピクニック 

朝晩の風が涼しくなり始めた9月中旬、盛岡市内にある産地をかけめぐり生産者さんと交流しながら旬の美味しい果実を楽しむツアーが開催されました。普段はなかなか行くことが出来ないラズベリー畑やりんご畑。そして趣のある古民家でのイベントツアー、当日の様子をたっぷりご紹介します。


【サンファーム 吉田さんの畑】

バスは盛岡駅を出発。都南分庁舎を経由して津志田地区にあるサンファームさんの畑へ。周辺の田んぼは黄金色の穂が頭を垂れていて、駅から10分弱の場所で早速のどかな気分。

ラズベリー畑に到着。全国のパティシエからも引っ張りだこの吉田さんから、ラズベリーの育成などについて直接お話を聞く参加者の皆さん。

その後は、ラズベリー狩りタイム。加工品はよく見かけますが、生のラズベリーは初めて見るという方も。数種類あるラズベリーを食べくらべてみました。

 

続いては、クッキングアップルについてのお話。こちらも見たことがない品種が盛り沢山。自ら海外の苗を買い付け育て、日本では吉田さんしか栽培していない品種もあるとのこと。参加者の皆さんは、珍しくて色鮮やかなりんごに目が釘付けな様子。写真撮影やメモを取りながらお話を聞かれていました。

 

ラズベリー畑を背に写真撮影。そして、何と最後に吉田さんからのサプライズが!サンファームさん特製りんごジュースがお土産に。

さらに、ブール・ドゥ・ネージュの菅原パティシエにこのツアーの為に作っていただいたオリジナルスイーツも、お土産に。もちろん、サンファームさんのラズベリーを使用しています。写真左:「赤い果実のバターサンド」木苺のバタークリームとサワーチェリーのコンポートしたもの。写真右:「ショコラフランボワーズ」フィナンシェショコラに木苺のジャムとサワーチェリーのコンポートしたもの。

 

 


【桜顔酒造】

バスは続いて盛岡市中央工業団地内にある桜顔酒造さんへ。

桜顔酒造の工藤さんから、日本酒お話や盛岡産アロニアを使用したまもなく新発売のお酒「もりおか日和」ついてご紹介。写真は、盛岡・砂子沢地区で採れた今年のアロニアです。

発売前の「もりおか日和」試飲タイム。香りをかぎ、じっくりと味わいました。試飲後は積極的に工藤さんに質問している方も。消費者サイドとしての意見も飛び交い、新たな商品開発の予感?

 

続いて酒蔵内を案内していただきました。先ほど試飲した商品も、ケースに入って出荷準備中。


【トップ・オブ・盛岡 岩山】

続いて、岩山展望台へ。雲がかかっていることが多い岩手山ですが、この日は天気が良く岩手山も盛岡の街並みもはっきりと見えます。

展望台の見学後は、敷地内にある飲食店「喫茶GEN・KI」にてランチタイム♪

店内に入ると、窓ガラス越しに目の前に岩手山がお出迎え。引き続き絶景を眺めながら、盛岡産野菜と紅木豚のカレー・もりおか城下町みそシフォンケーキのランチです。

 

オーナーである久保田さんからのお話。盛岡へ移住してきたという久保田さんの言葉からは盛岡が好きだという気持ちが伝わり、皆さんも耳を傾けています。食後のフリータイムでは、ゆったりとした雰囲気の店内から景色を眺めている方も。この日はもりおか城下町みそを作っている「盛岡杉生園」さんが、このツアーの為に出張販売。もりおか城下町みそを購入している方もいました。


【産直「花山野」】

昼食後は産直「花山野」へでのお買い物。旬の野菜や果物が並びます。


【古民家「こあらかまど」】

バスは大ケ生(おおがゆう)へ。天然記念物のシダレカツラがある瀧源寺や金山の里として知られる大ケ生地区。さらにバスを奥に進めると南部曲り家が見えてきました。

この古民家では現在盛岡地域おこし協力隊の富岡さんが暮らし、「こあらかまど」という屋号で活動をしています。富岡さんから説明後、縁側での撮影タイム。そのあとは・・・( ^ω^)・・・

~ツアーオリジナル企画 「こあらかまど」×「SAVE IWATE」 食と工芸ののコラボレーション!~

盛岡産くるみの樹皮を使用したチャーム作り体験の企画。まずは、籠作りを間近で見学。樹皮を自由自在に扱い簡単にくるみの樹皮を編んでいる様に見えますが、樹皮は一晩水に浸して柔らかくしているそうです。

 

作業風景見学の後は、さっそくチャーム作り。参加者の皆さんは、慣れない作業に悪戦苦闘の様子でしたが、作り方を一つ一つ確かめ合いながら一緒に作成しています。

約40分後、世界に一つだけのオリジナルチャームが完成。早速、お気に入りのチャームを身に着ける方もちらほら。このツアーの為に、地元・大ケ生の手作りの漬物やキャンベルのジュース等が販売されました。


【北田りんご園】

ツアーの最後は、黒川地区にある北田りんご園さんへ。見わたす限りのりんご畑に皆さんの声も弾みます。バスを降りて5分程ゆるい坂道を歩き、北田さんの畑へ到着。

北田さんから、収穫体験をするりんごの品種「紅いわて」とお土産にいただく「つがる」の特徴や鮮度について説明。りんご狩りのコツを教えていただいた後は、早速収穫タイム🍎北田さんの教えを思い出しながら、美味しそうなりんごを選んでいる様子です。

最後は、真っ赤になったりんごの木をバックに記念撮影。実りの秋を見つけて歩いたこのツアーも、ここでフィナーレ。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。


~~参加者の声~~

「生ラズベリー、初めて食しました」

「生産者さんの熱い思いや考えが聴けて良かったです」

「アロニアのベリー酒が飲みやすく美味しかった」

「盛岡にこのようなところがあるとは知りませんでした」

「チャーム作りは大変だったけど、またチャレンジしたい」

「初めてりんごの取り方を聞き、体験できてうれしいです」

 

盛岡にはまだ知られていない楽しいことや美味しいものがもりだくさん。ツアーにご協力いただいた生産者の方や食材は、美食王国もりおかウェブサイトにも一部掲載されています。


【募集要項】
旅行日:9月19日(土)
募集人員:20名様(最少催行人員10名様)
旅行代金:一般4000円 美食王国もりおかファンクラブ会員3,500円
     (盛岡発着/昼食1回/添乗員同行)

 


【チラシはこちらから】

 


《行程》

◎サンファーム吉田さんの畑でラズベリーピッキング

◎砂子沢のアロニアでつくる盛岡ベリー酒 桜顔酒造

◎“トップオブ盛岡”岩山でいただくランチ&シフォンケーキ

◎お買い物タイム 産直「花山野(かあさんや)」

◎大ケ生の古民家「こあらかまど」で盛岡産くるみの籠作り見学
 

◎北田りんご園でりんご狩り体験と畑の物語ヒアリング


【後援】盛岡市グリーン・ツーリズム推進協議会
【旅行企画・実施・問合】トラベル・リンク株式会社 
(一社)全国旅行業協会正会員 
岩手県知事登録旅行業第3-227号
岩手県盛岡市開運橋通2-23メイプル中央ビル開運橋3F


【チラシはこちらから】

 

 

記事を共有するTweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email
Share on LinkedIn
Linkedin
Share on Facebook
Facebook