『岩手三陸での新しい学びのカタチ』

 

岩手三陸沿岸では様々な学びのプログラムが用意しております

弊社では東日本大震災後復興支援ツアーとして多くの 方々に足を

運んでいただきました。震災から間もなく6年が経過しようとしております。まだまだ復興には

時間がかかります、是非一度足を運んで下さい、私達がお手伝いいたします

東日本大震災から新たな学びをしませんか

大手企業様はじめ全国から大震災の学び、防災学習をコーディネートしております

おすすめ対象者

  • 企業の若手研修
  • 地域づくり団体
  • 学校
  • 企業幹部研修
  • その他

  宮古市田老学ぶ防災 世界一の防潮堤がある防災の町と言われた宮古市田老。

何故、そこまで言われていた町が甚大な被害にあってしまったのか?

約1時間非公開映像も交えガイドが経験談も踏まえお伝えします。  

*私達は何度も田老にご案内しておりますが、この学ぶ防災の話は心打たれます。

田老学ぶ防災2  

<宮古市田老 学ぶ防災の様子>

 

大槌町おらが大槌夢広場

震災時の状況や避難生活、津波の威力等の「震災ナレッジ」の継承はもとより、

そこから得た『生きる』ことの大切さ、難しさ、苦しさ、そして希望。

それらすべてをお話しつつ『被災地』ではない素顔の大槌町の魅力を発信していきます。

*役場自体が被災し行政機能を失った大槌町は、沿岸部の中でも大変な状況下から

 立ち上がろうとしています。昨年この旧役場を取り壊す計画が新町長より

 発表があり今後震災遺構で残すか否か注目されるところです。

 街づくりの側面からも考えることができるプログラムになっております  大槌町旧役場    

<大槌町旧役場前にてガイドの様子>

 

陸前高田市  

陸前高田市米崎で牡蠣の生産現場と合わせ牡蠣へのこだわり、

未来の陸前高田について考えるツアーです

img_0336

かき漁師から直接話しを聞くことができる滅多に無い体験と、作業体験を通じて

食育についても学びがあります

img_1574

毎年、陸前高田を訪れボランティア作業をする企業様

 

 

陸前高田復興ガイド

千年に一度といわれる東日本大震災により、多数の人命と歴史や文化の証を失った

陸前高田市。被害にあいながらもそこに住んでいるからこそ話せる津波の状況、

復興の経過、避難のあり方、今後の課題、そして再認識した先人から伝えられてきた

遺訓の大切さを皆様に伝えて、これから起こりうる災害に少しでも役立てて頂ければ

と思い活動しています。

IMG_1508IMG_0875

<旧道の駅タピック前でのガイドの様子>

*上記震災学習プログラム等に合わせ、三陸全般の視察・観光等のアレンジが可能です

 交通機関、宿泊場所などと合わせてご提案が出来ますのでお気軽にご相談ください

 トラベル・リンク 本社

 TEL019-658-8644

 

    E-mail  info@travel-link.jp

 

 

 

記事を共有するTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on LinkedInShare on Facebook